セフレ関係は干渉しないのが暗黙のルール

お互いの生活に踏み込まないのが、セフレというものです。
恋人ではないので、深く追求する必要がありません。
お互いが都合のいい時だけを一緒にいて、それ以外では干渉しないのが暗黙のルールというものです。
男性にとっては、これは好都合な事ではないでしょうか。

だって、よく考えてみて下さい。
こちらの生活圏内を干渉されたらどう思いますか?
まず、恋人や家族にバレないか不安になりますし、下手したら破局や離婚の危機に陥るわけです。
そういうリスクを回避する意味でも、お互いに干渉し合わないことを前提に話を進めていかなくてはいけません。

セフレを探すならセフレサイトが適してはいますが、早々簡単に登録するだけでセフレが出来ると思ってはいけません。
その上で、セフレを探す上での心得があるのです。

■セフレには干渉しない

セフレを探している女性は、殆ど夫か彼氏がいますのでその立場や状況を踏まえて接する事が大事ですね。
セフレを探してるからといっても、そのパートナーとの関係を壊したいとは思っていませんので安心して下さい。
パートナーとの関係を壊したいと考えているならば、セフレ探しにはやってこないでしょう。

女性の置かれている状況を考えてあげないで行動する事は、女性の生活に踏み込まれてしまうと思われる行為に値するので、やめてあげて下さい。
そういう不安を抱えたままでセフレをする訳がないので、プライベートには触れないで気遣って接してあげましょう。
自分のことを考えるのはもちろんですが、相手のことも十二分に気遣えるかどうかでセフレになれるかなれないかが変わってきます。
執拗に追求しようとしたり、しつこく干渉しない。
これがセフレ探しにおける鉄則です。